2011年11月09日

穴を開けて屋根裏を点検。

前回の記事の続きです。
大工の井口さんと現地で待ち合わせをして屋根裏に穴を開ける作業の開始です。
施主様は押入れの中の物を全部出して空にしてくださり、しかもブルーシートまで敷いていてくださいました。
押入れの天井、カッターがザクザク入ります目
どうやら天井裏はウレタン断熱材一体型のようです。
しかも屋根の勾配がほとんどないので屋根裏が狭っあせあせ(飛び散る汗)
つまり周辺をのぞく事はできても屋根裏には入れないのです。
@.JPG A.JPG
こんな感じでした。
雨染みが見られます。
だけどここからでは雨漏りした箇所の屋根裏が確認できない。
勢いにのった施主様、屋根裏に入れないのなら漏水した階段上の天井も抜いてほしいとの事。
急遽もう一か所穴を開ける事になりました。
B.JPG C.JPG D.JPG

E.JPG
こちらも雨水の侵入確認できました。
F.JPG
切りた抜いた天井にフレームを付けて完了。
さっすが大工さん。
だけど用意していた点検口のフレームは1個。
後日改めてフレームを付けさせていただく事になりました。
雨染みの跡からいうとやはりカラーベストの裏に水が溜まり逆流してルーフィングの隙間から屋根裏に水がまわっているようです。
う〜んたらーっ(汗)

カラーベストの屋根を塗装する際にははきちんと縁切りをしましょう。
工程を省いちゃダメ〜exclamation×2
自分たちの工事には最後まで責任を持ちましょう。

line02_143B.gif

外壁・屋根の塗り替えはプロタイムズ広島北店『株式会社 佐々木塗装』におまかせ下さい!
大切なお住まいの見積り・点検一切無料!しつこい営業も致しません。

くわしくはこちらにどうぞ電話
フリーダイヤル(通話料無料) 0120−116−795(イイイロ ナットクココ)

  TEL  082−810−5310
  E-mail: info@sasaki-tosou.info

『株式会社 佐々木塗装』のホームページはこちらです目

広島ブログ
posted by りょうこ at 07:54| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック