2013年05月17日

別府家族旅行B〜地獄めぐり編〜

別府2日目。
高崎山から移動して次は地獄めぐり。
鉄輪・亀川の地獄地帯は千年以上も昔から噴気・熱泥・熱湯等が噴出していた事が「豊後風土記」に記され近寄る事もできない、忌み嫌われた土地だったそうです。
そんな事から人々から地獄と言われるようになったそうです。

【血の池地獄】
B大.JPG

@.JPG A.JPG
まるで血のような赤はまさに地獄をほうふつさせます。
日本最古の天然地獄。

【龍巻地獄】
F大.JPG

C.JPG D.JPG E.JPG
この間欠泉は一定の間隔で熱湯と噴気を噴出します。
普段は真ん中の写真で見るように静かな様子。
待ってる間がドキドキ。

【海地獄】
P大.JPG

N.JPG
O.JPG
なんてキレイなんだ〜ぴかぴか(新しい)
神秘的で涼しげなコバルトブルーの池はまるで海のようですが実は摂氏98℃。
今から1200年前、鶴見岳の爆発によってできました。

【かまど地獄】
H大.JPG

G.JPG
昔、氏神竈門八幡宮の大祭に地獄の噴気で御供飯を炊いた習わしがあった事から名付けられました。

【鬼石坊主地獄】
21大.JPG

Q.JPG
R.JPG S.JPG
灰色の熱泥が大小の球状に沸騰する様が坊主頭に似ている事から名付けられました。
たしかに。

【鬼山地獄】
M大.JPG

J.JPG K.JPG L.JPG
別名「ワニ地獄」
大正12年に日本で初めて温泉熱を利用したワニの飼育を始め現在100頭のワニを飼育しています。
たくさんのワニが積み重なってお昼寝中。
下のほうのワニは動けないのではあせあせ(飛び散る汗)
てか重くないのかな?

【山地獄】
22大.JPG

23.JPG 24.JPG 25.JPG

26.JPG 27.JPG 
山のいたるところから噴気が上がっているため山地獄と呼ばれています。
ここには動物もいるので子ども達うれしいかもるんるん
29.JPG 28.JPG
ここで事件発生どんっ(衝撃)
なぜか社長はラマが気にいった様子。
社長と写真撮る時はこんな感じでカメラ目線までおくっていたのです。
で私が入ったとたん突如激痛が。
「痛〜〜〜〜〜いexclamation×2
振り返ると私の髪を引きちぎったラマがなんと髪の毛をもぐもぐ食べているじゃないですか。
なんてこったふらふら
よく考えるとラマは草食動物。
「母さんの髪がパッサパサだから枯れ草と間違えたんじゃない?」
「頭クサかったんじゃない?」
ふたりともひど過ぎるたらーっ(汗)
旅行にいくと毎回何か珍事件が起こるものですが今回はこれが一番の珍事件。
おもしろ過ぎてお腹が痛くなるほど笑えました。

地獄めぐりには8つの地獄があり、あとひとつ『白池地獄』がありますが残念ながらタイムオーバー。
今考えるとせっかくなので制覇しておけばよかった。

続いて明礬温泉『明礬湯の里』へ。
33大.JPG

32.JPG 31.JPG 30.JPG
明礬温泉地区は相当な地熱地帯で地下30cmあたりには、もう温泉脈があり地表から 勢いよく温泉ガスの蒸気が噴出しています。
ここに約50棟立つわら葺き屋根の小屋、これが湯の花を江戸時代より作り続ける湯の花小屋です。
ここでは湯の花小屋の見学もできます。
おうちに帰っても温泉気分を味わいたいのでもちろん湯の花購入しました。

ほんとはこの後、湯布院かロープウェイに乗って鶴見岳に上がりたかったのですがとんでもないあせあせ(飛び散る汗)
全然時間が足らな〜い。
ゆっくり別府を満喫するにはもう2〜3泊必要のようです。
次回のお楽しみにしておきましょう。
34大.JPG
まさかの連泊でしたがとても楽しい旅行になりました。
こうやって3人で旅行するのも今度こそこれが最後だと思うのですが妊娠8ケ月のあっこちゃん、まだまだ元気です。
Babyが産まれるまでにまた旅行に行きた〜い等とのたまっています。
タフだわぁあせあせ(飛び散る汗)

tsutsuji-line3-anime.gif

外壁・屋根の塗り替えはプロタイムズ広島北店『株式会社 佐々木塗装』におまかせ下さい!

大切なお住まいの見積り・点検一切無料!しつこい営業も致しません。

お気軽にお問い合わせ下さい。

くわしくはこちらにどうぞ電話

フリーダイヤル(通話料無料) 0120−116−795(イイイロ ナットクココ)

  
TEL  082−810−5310
  
E-mail: sasaki-tosou@poppy.ocn.ne.jp

『株式会社 佐々木塗装』のホームページはこちらです目


広島ブログ
posted by りょうこ at 23:59| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族や身内の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック