2014年05月28日

高屋町・Y様邸の完工報告です♪

4月9日に完工ました東広島市高屋町小谷・Y様のお宅をご紹介しますNEW

【外壁塗装】防水仕様 151u
■下塗り エピテックフィーラーAE(ウールローラー薄付け仕上げ)
■上塗り アステックEC−2000F(3回塗り)
※シーリング全面打ち替え

【屋根葺き替え工事】
鶴屋 スーパートライ110U型

【樋架け替え工事】

《その他サービス工事》
■換気扇フード塗装
■倉庫(物置)塗装


《工期》3月4日〜4月9日

施工前1.jpg 施工前2.jpg 施工前3.jpg
Bifore
施工後1.jpg 施工後2.jpg 施工後3.jpg
After



施工前4.jpg 施工前5.jpg 施工前6.jpg
Bifore
施工後4.jpg 施工後5.jpg 施工後6.jpg
After



施工前7.jpg 施工前8.jpg 施工前9.jpg
Bifore
施工後7.jpg 施工後8.jpg 施工後9.jpg
After

2色に塗り分けながらも落ち着いた仕上がりになっています
1.jpg 2.jpg 3.jpg

4.jpg 5.jpg 6.jpg

7.jpg 8.jpg 9.jpg

10.jpg 11.jpg 12.jpg




屋根施工前1.jpg 屋根施工前2.jpg 屋根施工前3.jpg
屋根Bifore
屋根施工後1.jpg 屋根施工後2.jpg 屋根施工後3.jpg
屋根After

寒冷地向きの平板瓦です
屋根完1.jpg 屋根完2.jpg 屋根完3.jpg

屋根完大.jpg


Y様のお宅は築23年、『ダイワハウス』の軽量鉄骨構造の洋風住宅です。
屋根はカラーベスト(アーバニー)
屋根1.jpg 屋根2.jpg 屋根3.jpg
瓦の表面の塗膜が剥がれ全体的に白くなっていました。
黄色や黒いカビの繁殖も見られました。
またあちこちに割れが見られました。
瓦の状態が良ければもちろん塗装によるメンテナンスは可能ですがこれだけ割れていると補修も難しく今回は既存のスレート瓦をすべて撤去して陶器の瓦に葺き替えました。
これで今後は塗り替えのメンテナンスは不要です。


樋は塩ビ。
樋1.jpg 樋2.jpg 樋3.jpg
軒樋の内部はビッシリと苔が繁殖しており表面は汚れとカビで真っ黒。
全ての樋を新しく架け替えを行いました。

外壁は12mm厚のセメントボード。
アクリルリシンの吹き付けがされています。
比較的汚れが目立たない色合いではありますが至近距離で見るとやはりホコリや雨垂れで汚れています。
ボードの割れは見られませんでした。
目地1.jpg 目地2.jpg 目地3.jpg
目地のシーリングの上から塗装がされていますがここは動くところなので固い塗膜をのせるとこのようにヒビが入ってきます。
今回は目地のシーリングはすべて打ち替えを行いました。
使用する塗料は『アステックペイント』の防水塗料。
660%の伸縮力があるので目地の上にのせても今のようにヒビが入る事はありません。

外壁塗装に加えて屋根の葺き替え、樋の架け替えと大がかりな工事になりました。
初めての外装リフォームもいう事もありご不安な点もあったのではないかと思います。
1ヶ月を過ぎる長い工事になりました。
工事が終わった時にはさぞかしホッとされた事でしょう。
Y様、本当にありがとうございました

外観大.jpg

外壁・屋根の塗り替えはプロタイムズ広島北店『株式会社 佐々木塗装』におまかせ下さい!

大切なお住まいの見積り・点検一切無料!しつこい営業も致しません。

お気軽にお問い合わせ下さい。

くわしくはこちらにどうぞ電話

フリーダイヤル(通話料無料) 0120−116−795(イイイロ ナットクココ)

 
 
TEL  082−810−5310
 
 
E-mail: sasaki-tosou@poppy.ocn.ne.jp

『株式会社 佐々木塗装』のホームページはこちらです目


広島ブログ
posted by りょうこ at 10:44| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 施工事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック