2014年09月25日

八本松町・K様邸の完工報告。

5月28日に完工しました東広島市八本松町原のK様のお宅のご報告ですNEW

OljtToucWhMJsgk1411514718_1411514780.png 施工前2.jpg 施工前3.jpg
Bifore
施工後1.jpg 施工後2.jpg 施工後3.jpg
After


施工前4.jpg 施工前5.jpg 施工前6.jpg
Bifore
施工後4.jpg 施工後5.jpg 施工後6.jpg
After


施工前7.jpg 施工前8.jpg 施工前9.jpg
Bifore
施工後7.jpg 施工後8.jpg 施工後9.jpg
After

傷んだ外壁が美しく蘇りました
1.jpg 2.jpg 3.jpg

4.jpg 5.jpg 6.jpg

7.jpg 8.jpg 9.jpg

【外壁塗装】防水仕様 228.9u
■下塗り ホワイトフィーラーA(マスチックローラーパターン付け)
■上塗り アステックEC2000F(3回塗り)

《その他サービス工事》
■基礎巾木塗装
■換気口塗装
■排水パイプ塗装

《工期》
4月26日〜5月28日

今回工事をさせていただいたのはK様宅の敷地内にある離れ。
補強コンクリートブロック造の築40年の建物です。
2階は住居部分になっていますが現在は使用していません。
1階は農機具等を置く倉庫として使われています。
屋根は傾斜のない陸屋根。
屋上床面とベランダの床面には4〜5年前に塩ビシート防水が施されています。
シートにまったく問題はないので今回は手を加えていません。
外壁は約10年くらい前に再塗装をされています。
カビ (1).jpg カビ (2).jpg カビ (3).jpg
チョーキング現象、カビもさることながら外壁の劣化が進行していました。
A.jpg クラック2.jpg クラック3.jpg
あちこちにクラックやずれ、爆裂箇所が見られます。
今回私たちが悩んだのはこの建物の改修をどこまでの範囲で提案するかという事。
ある程度の補修をしてある程度の塗料で塗装をするか、完璧に補修して耐久性の良い塗料で仕上げるか?
もちろん住居として現在もお住いの場合は後者のほうがよいに決まっています。
後はお施主様の判断に任せるしかない部分もあり、そこがそこが悩みどころでした。
思った以上に外壁の補修は必要で今回は専門の補修屋さんに入っていただき補修させていただく事にしました。
不陸調整、爆裂部の補修、ひび割れUカット等を行い補修完了。
後は補修箇所を回りの壁と同じような模様ににしてあげないと仕上がりがおかしいので吹き戻しをして模様を復元しました。
シャッター、シャッターボックス、錆びついたベランダのフェンス、樋もピカピカになりました
感動の仕上がりです

実はK様のお宅の母屋は昨年他社訪問販売系の会社で外壁塗装工事をされており苦い経験をされていました。
塗装工事に対して不信感を持たれていた事と思います。
その上で弊社を全面的に信頼していただき今回の工事をお任せいただきました。
うれしかったですね
そしていつもいつもやさしく接してくださいました。
K様にはご近所のお宅をご紹介いただき工事もそちらも完工しています。
これからは定期点検も含め長いお付き合いができるようしっかりおうちを見守って参りたいと思います。

完工写真.jpg

外壁・屋根の塗り替えはプロタイムズ広島北店『株式会社 佐々木塗装』におまかせ下さい!

大切なお住まいの見積り・点検一切無料!しつこい営業も致しません。

お気軽にお問い合わせ下さい。

くわしくはこちらにどうぞ電話

フリーダイヤル(通話料無料) 0120−116−795(イイイロ ナットクココ)

 
 
TEL  082−810−5310
 
 
E-mail: sasaki-tosou@poppy.ocn.ne.jp

『株式会社 佐々木塗装』のホームページはこちらです目


広島ブログ
posted by りょうこ at 02:20| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 施工事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック