2014年11月05日

高屋町・M様邸の完工報告です♪

こちらもご報告が遅れましたが7月16日に完工しました東広島市高屋町・M様のお宅をご紹介しますNEW

施工前1.jpg 施工前2.jpg 施工前3.jpg
Bifore
施工後1.png 施工後2.png 施工後3.jpg
After



施工前4.jpg 施工前5.jpg 施工前6.jpg
Bifore
施工後4.jpg 施工後5.jpg 施工後6.jpg
After



施工前7.jpg 施工前8.jpg 施工前9.jpg
Bifore
施工後7.jpg 施工後8.jpg 施工後9.jpg
After



施工前10.jpg 施工前11.jpg 施工前12.jpg
Bifore
施工後10.jpg 施工後11.jpg 施工後12.jpg
After

カビや汚れもなくなり美しく変身しました
1.png 2.jpg 3.png

4.jpg 5.jpg 6.jpg

7.jpg 8.jpg 9.jpg

10.jpg 11.jpg 12.jpg

【外壁塗装】
@単色面 防水仕様 182u
■下塗り エピテックWEプライマー
■上塗り アステック EC-2000F(3回塗り)※防カビ剤添加

A高意匠面 クリアー仕様 13.3u
■下塗り AGCコーテック ルミステージEFPクリアー
■上塗り AGCコーテック ルミステージ水性UVカットクリアー低汚染(艶有り)

《その他サービス工事》
■エアコンカバー塗装
■ベンチ塗装

《工期》6月14日〜7月16日

M様のお宅は築7年、『(株)共立ハウジング』のかわいらしい洋風住宅です。
屋根は三寸勾配の三州瓦。
陶器瓦ですので塗装の必要はありません。
瓦の割れやずれもなくとても良い状態でした。
今回は板金部のみ塗装しました。

外壁は窯業系のサイディングボードですが2種類のボードが使われています。
外壁1.jpg 外壁割れ1.jpg 外壁割れ2.jpg
単色面はトステムの12mm厚のボード。
割れている箇所が2ヶ所ありました。
カビ 1.jpg カビ2.jpg カビ3.jpg
北面と東面は藻が付着し壁が緑になっていました。
今回は上塗り材に防カビ剤を添加しました。
使用した塗料は『(株)アステックペイント』の防水塗料EC-2000F。
この塗料は660%の伸縮力があるので目地のシーリングの上に塗料を塗る事でシーリングごと保護する事ができるすぐれものです。
高意匠 (1).jpg 
高意匠の面は同じくトステムの15mm厚のボード。
高意匠カビ.jpg
そこまで色褪せをしているわけではありませんがやはりカビで緑になっています。
高意匠 (2).jpg 高意匠 (3).jpg
車のドアが当たってボードの塗膜が剥がれ白くなっています。
高意匠サイディングはエナメル系の塗料を塗ると元のデザインがなくなってしまいます。
そこでデザインをそのまま活かすためにクリアーの塗料を塗っていきます。
今回使用したのはフッ素系のクリアー。
『AGCコーテック(株)』のルミステージ水性UVカットクリアー低汚染。
汚れやカビが気になるので低汚染タイプを選びました。
でもその前に剥がれた箇所のタッチアップ。
補修材.jpg タッチアップ1.jpg タッチアップ2.jpg
専用の補修材で丁寧に補修をしました。
単色面の外壁の色はゆっくり決めていただきました。
屋根の色に合わせて決めないとおかしな色合いになってしまうのでそこだけアドバイスさせていただき最終的にはお好みの色を選んでいただきました。
少しオレンジがかった白は明るく、柔らかい温かみもあります。
防カビ剤を使ったので当面はカビの心配もありません。
気持ちいいほど美しく仕上がりました
さらにかわいらしさもUPしてうれしくなります。
大切なお住いの工事を弊社にお任せいただきまして本当にありがとうございました


外観.png

外壁・屋根の塗り替えはプロタイムズ広島北店『株式会社 佐々木塗装』におまかせ下さい!

大切なお住まいの見積り・点検一切無料!しつこい営業も致しません。

お気軽にお問い合わせ下さい。

くわしくはこちらにどうぞ電話

フリーダイヤル(通話料無料) 0120−116−795(イイイロ ナットクココ)

 
 
TEL  082−810−5310
 
 
E-mail: sasaki-tosou@poppy.ocn.ne.jp

『株式会社 佐々木塗装』のホームページはこちらです目


広島ブログ
posted by りょうこ at 07:18| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 施工事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック