2018年08月18日

尾畠 春夫さんの事

お盆休み、一番の話題はやはり周防大島の理稀ちゃん行方不明のニュース。
2歳になったばかりの子がたったひとりで3日間も山の中にいたとはまさに奇跡の生還です。
本当に無事で良かった。

そして理稀ちゃんを発見した尾畠 春夫さん。
第一報を聞いた時は「ボランティアの人が単独で発見するとかなんかちょっと怪しいよね。」
なんて思ったのですが繰り返し報道されるさんを見ていて一瞬でも疑ってしまった自分が恥ずかしくなりました。
なんてすばらしい人なんだ。
世の中にこんなステキな人がいるなんて。

理稀ちゃんのおじいちゃんにお風呂やご飯を勧められても一切断り、自前のインスタントご飯(サトウのごはん的な)にお水をかけておいしそうに食べていた尾畠さん。
「ボランティアは自己完結。対価、物品、飲食は一切いただきません。」と言い切る潔さ。

インタビューでは何度も何度もおんなじ事を聞かれても愚痴る事無く、大分の自宅の中まで見せてくれるおおらかさ。
この人は有名になろうとかそんな考えは一切ないと思う。
ツイッターもFacebookもInstagramもやっていないと思う。(やってたりして)
尾畠さんの考え方はいたってシンプル。困っている人がいたら助ける。

「私はいい物(高級な物)は食べないんです。」その言葉を聞いた瞬間、グルメタレントが色褪せて見えました。(誰?)
そして大分から被災地に一般道で行くって。
しかも軽ワゴンで。
(災害ボランティアの場合は自治体に申請すれば高速代は支給されるはず)
それにしても、世の中にはプライベートジェットで日帰りでワールドカップの試合を観に行く人もいるというのに。(誰?)
とにかく驚きの連続でした。
柳井警察署長から感謝状をもらってとってもうれしそうだった尾畠さん。
今日からは呉の災害ボランティア活動に参加するといいます。
78歳であのバイタリティー、若々しさ。
たくさんの人に元気をくれました。
今回理稀ちゃんを発見した事で一躍全国区になった尾畠さんですが私たちの知らない所で尾畠さんのような人がまだまだいっぱいいるのかもしれません。
そう思うとなんだかうれしくなるし世の中捨てたもんじゃないなって気がする。
地位やお金、欲にまみれた大人たち(誰?)のニュースが蔓延する毎日、尾畠さんの存在は衝撃的で尾畠さんを知れば知るほど色んな事を考えさせられる今回の騒動でした。

illust2100_thumb.gif

外壁・屋根の塗り替えはプロタイムズ広島北店『株式会社 佐々木塗装』におまかせ下さい!

大切なお住まいの見積り・点検一切無料!しつこい営業も致しません。

お気軽にお問い合わせ下さい。

くわしくはこちらにどうぞ電話

フリーダイヤル(通話料無料) 0120−116−795(イイイロ ナットクココ)

 
 
TEL  082−810−5310
 
 
E-mail: sasaki-tosou@poppy.ocn.ne.jp

『株式会社 佐々木塗装』のホームページはこちらです

広島ブログ
posted by りょうこ at 09:15| 広島 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする