2008年02月15日

色のお話♪

塗装会社のブログであり塗装の事や毎日の楽しいできごとをお届けするのがうたい文句のこのブログですが、このところなんだか良子さんの毎日のできごとをくまなくお送りするコーナーになってしまっているのでリトル反省・・・ふらふら
塗装会社の奥様らしく塗装の事をお話しましょうひらめき
といっても塗料がど〜とか、なんとか工法がど〜とか言っても興味のない人には楽しくないと思うのです。
難しい話は後回しにする事にして今日から少しばかり色のお話をしていこうと思います。

色といっても一言で何色に分けれるものではありません。
クレヨンや色鉛筆など24色入りって多いですよね。(小学生の頃順番に並べるのが大好きでした)
例えば白でも色んな白がありますね。
レースのように美しい純白、アイボリーのような黄みがかった白やグレーがかった白。グリーンの入った白も素敵です。
引越しやお部屋の模様替えをされる時、白い家具やファブリックを選んだもののなんとなく色あいが統一されないな〜って事ありませんか?
色を扱うお仕事をされるかたはこの微妙な違いを瞬時に見分ける事ができます。
絵を習われているかたもそうだと思います。
毎日色に触れた生活をしているといつのまにか色に敏感になるのは当然といえば当然ですが・・・
私は塗料の事に関してはそう詳しいわけではありませんがトールペイントを習い始めてから微妙な色の違いに敏感になったような気がします
それこそ白だけでも数え切れない絵の具の種類ですから。

以前トールペイントの洋子先生に聞いてみた事があります。
やはり見ただけで微妙な色の違いがわかるそうです(さすが)
これぞまさに絶対音感ならぬ絶対色感・・・ぴかぴか(新しい)
色感を身に付けるという事は女性のかたにとってはお得な事が多いのではないかと思います。
洋服のコーディネートやインテリアの中にも色のセンスは不可欠ですしね。
記憶の中の光景にも色ってあるんですよね。
それだけ毎日色の氾濫する中で生活しているって事でしょうね。
確かに記憶の中の色がモノクロではちょっと寂しすぎる〜。

明日からの色のお話もお楽しみにるんるん
もちろん日々のちょっとしたできごともお伝えしますのでちょこっとばかりのぞいてやって下さいねわーい(嬉しい顔)

P1000502.JPG P1000501.JPG
これは菊水化学工業の色見本!1200色あります。
同じような色に見えて品番が変わるとビミョーに違う?
この違いがわからないとプロとは言えな〜い!!!


株式会社 佐々木塗装のホームページはこちらじゃけんね手(チョキ)
ラベル:ペイント 塗装
posted by りょうこ at 07:44| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 色のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック